--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/18.Mon

漢方小説

荒プロットが1本、大体ですが書けました

先日かなり気合入れて書きこんだプロットがボツになったわけですが

「ここまでしっかりしたプロットを書くのはかなりの労力でしょうから
もっとザックリした構想状態のものをいくつか出してみてください
そこから一緒に選んでいきましょう」

と言ってくださったので

ひとつの構想がモヤモヤと思い浮かび
それにあたって参考になりそうだった小説を読みました

中島たい子さんの「漢方小説」という小説です

第28回すばる文学賞受賞作品

31歳の独身女性が、原因不明の体調不良に悩まされます
昔の男が結婚したショックのせい?
はたまた仕事のストレスか?

何件もの病院に通っても原因はわからず
最終的にたどりついたのは「東洋医学」
漢方の香りの中で、主人公が得たものは…

というお話

これは大変面白かったです
語り口や細かいギャグが軽妙で楽しく
ちょっと瀬尾まいこさんに通じるものを感じました


そんなこんなで、わたしも荒プロットができました
生理痛に耐えながら、日々がんばって働く20代女子のお話です

あともう1本なんか考えます


漢方小説漢方小説
(2004/12)
中島 たい子

商品詳細を見る


小説・漫画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。