--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/05/31.Thu

信長協奏曲

最近ハマったもの

『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』
という少年漫画です

ダ・ヴィンチで紹介されてて、気になって読んでみたんです

現代の高校生・サブローが、戦国時代にタイムスリップしてしまい
バッタリ織田信長と出会うんだけど、たまたま顔がそっくりだったため
信長と入れ替わって天下統一を目指す
って話なんですが

めちゃくちゃ面白い!
絵は好き嫌いあると思いますが、私はすごく好き
おすすめです

6巻まで既刊中
続きが楽しみだな~


あ・・
自分の漫画もちゃんとやっていますよ!ほ、ほんとですよ!


信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2009/11/12)
石井 あゆみ

商品詳細を見る

スポンサーサイト
小説・漫画 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/01/12.Wed

甘い漫画

たまたまですが
ショコラティエのまんがを
2つ読みました

失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)
(2009/01/09)
水城 せとな

商品詳細を見る


クーベルチュール 1 (Be・Loveコミックス)クーベルチュール 1 (Be・Loveコミックス)
(2009/12/11)
末次 由紀

商品詳細を見る


チョコレートが美味しそう…
読んでたら食べたくなった

「失恋ショコラティエ」は
チョコレート王子と評されるショコラティエの主人公が
高校時代からひたすら一人の女性を想い続けるお話

主人公の愛情がかなりイタい
評判どおり、おもしろかったです


でも個人的には
「クーベルチュール」がスキでした

イケメン兄弟が営むチョコレート専門店には
いろんなお客様が訪れる
みんな小さな心の傷を抱えていて…

オムニバス形式だけど
どれもこれもいい話!

恋心を伝えられない28歳のOL
好きな子にチョコを渡せなかった15歳の少女
寂しさを抱える元駄菓子屋のおばちゃん
大好きなコーチのために必死になる9歳の少年

どの話も上手にチョコレートを絡めてて
ちゃんとジーンとさせる
うまいなあ~
2巻がたのしみです

小説・漫画
2010/07/30.Fri

ばらかもん

超どまんなか!


ばらかもん 1 (ガンガンコミックスONLINE)ばらかもん 1 (ガンガンコミックスONLINE)
(2009/07/22)
ヨシノ サツキ

商品詳細を見る


とある理由で離島に暮らすことになった
若きイケメン書道家・半田清舟と
天真爛漫な島コドモ・なるが繰り広げる
ハートフルコメディ

このマンガめちゃくちゃ好み!
1話めをWebで読んでひとめぼれしました
応援したい作品なので、新刊で購入したよ


1話目と最新作は無料で読めるので
ご興味のあるかたはどうぞ

【バックナンバー】ACT.1 ばらかこどん
http://www.square-enix.com/jp/magazine/ganganonline/comic/barakamon/
小説・漫画
2010/06/01.Tue

BRUTUS

だんなが雑誌BRUTUSを買ってきてくれました
コンビニに寄ったら、たまたま売ってたとのこと

武しゃん


井上先生の特集号です
スラムダンク連載時のネームなんかも載ってて、感動
熟読しちゃいました

はぁ~
やっぱり先生はすごいや
小説・漫画
2010/05/07.Fri

吉祥寺の朝日奈くん

次の話を妄想しはじめてます
また会社ものにしてみようかな、とか…
今回スーツ男子を描くのがちょっと楽しかったので
「Gainer」というビジネスファッション誌を見ながら描いてたんですが
男性のスーツ姿ってやっぱりイイよねカッコイイ!


中田永一の2作目
『吉祥寺の朝日奈くん』を読みました

吉祥寺の朝日奈くん吉祥寺の朝日奈くん
(2009/12/11)
中田永一

商品詳細を見る


中田永一最高
ていうか乙一最高

5編の短編集ですがすんごい良かったです
ユーモラスな語り口と、ちょっぴりのミステリ要素を含めた
コメディタッチの恋愛小説集
もう大好きですこの作家

とくに好きだったのは3つめの
『三角形はこわさないでおく』

高校生の三角関係を描いた話なんですが
もーキュンキュンしました

すごいなあと思ったのは
エピソードがものすごいベタだったこと

雨にぬれた猫を心配し、駆け付けた公園で偶然彼女と出会うとか
文化祭で一緒に作業するとか
女の子への告白を賭けて、男子2人がバスケで1on1をするとか
ベタっていうかもう使い古しなエピソードばかり

なのに
この作家が料理するとこんなにも素晴らしくなる!

キャラが全員ユルいとこや、微妙にブラックが入ってるせいかもしれない
(文化祭の準備が、なぜかアウシュビッツの壁作りだったり)

ありきたりの素材でこんなに美味しい料理を作ってしまう
まさに一流シェフだよ
ザ・シェフ


こんなに上手にお話を作れるようになりたい


小説・漫画
2010/03/17.Wed

イニシエーション・ラブ

「野良女って漫画なの?」
と何人かに聞かれました
あれは小説です
そんな長くないので笑いながらさらっと読めちゃいますよ


乾くるみさんの『イニシエーション・ラブ』を読みました

「この小説は2回読め!」
「ラスト2行で驚きのどんでん返し!」
と絶賛されていたので、かなり期待して読みました

舞台は80年代、静岡
若者の間で男女7人が大流行し、国鉄がJRに変わったころのこと

僕こと「たっくん」は大学4年生
代理で出席した合コンで運命の恋人「マユ」と出会う
彼女のために東京の大企業の内定を蹴り、地元の会社に就職するも
けっきょく東京転勤が決まって2人は遠距離恋愛に
そのうち2人の間に溝が入り始める…

80年代の描写はそれなりに楽しめるのですが
たっくんとマユのバカバカしい恋愛話が延々と続き
途中まで読むのが苦痛でした

でもその
「ラスト2行のどんでん返し」が知りたくて
頑張って読み続けたのですが

うん
びっくりしました!

「チープな設定」「途中で先が読めた」と非難する人もいますが
私は普通にびっくりしました

それまでのくだらない恋愛話に
いくつものミスリードが込められていたことも
最後まで読み、もう一度読み返してやっと気がつく

よくできてるなーと感心

ちなみに
この小説のトリックを時系列で解説しているサイトまであります
おかげでちゃんと理解できました


イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)
(2004/03)
乾 くるみ

商品詳細を見る
小説・漫画
2010/03/10.Wed

野良女

活字でこんなに爆笑したのは久しぶりかも

登場人物は28歳から31歳くらいの
いわゆるアラサー女子たち
彼女たちの恋や仕事やカラダの話なんですが

とにかく下品極まりないです
私は笑いながら読みましたが
下ネタが苦手な方にはおすすめしません

特に男性が読んだら引くかも
「女ってこんな下品な話してんの?」って

大丈夫ですよ
してませんからね
そりゃ女だって友達同士でエッチな話くらいはしますが
ここまで下品な話、普通の女子はしてませんからね

だんなには一応
「この本は読まないでね」と言ったのでした


野良女野良女
(2009/07/18)
宮木 あや子

商品詳細を見る
小説・漫画
2010/01/18.Mon

漢方小説

荒プロットが1本、大体ですが書けました

先日かなり気合入れて書きこんだプロットがボツになったわけですが

「ここまでしっかりしたプロットを書くのはかなりの労力でしょうから
もっとザックリした構想状態のものをいくつか出してみてください
そこから一緒に選んでいきましょう」

と言ってくださったので

ひとつの構想がモヤモヤと思い浮かび
それにあたって参考になりそうだった小説を読みました

中島たい子さんの「漢方小説」という小説です

第28回すばる文学賞受賞作品

31歳の独身女性が、原因不明の体調不良に悩まされます
昔の男が結婚したショックのせい?
はたまた仕事のストレスか?

何件もの病院に通っても原因はわからず
最終的にたどりついたのは「東洋医学」
漢方の香りの中で、主人公が得たものは…

というお話

これは大変面白かったです
語り口や細かいギャグが軽妙で楽しく
ちょっと瀬尾まいこさんに通じるものを感じました


そんなこんなで、わたしも荒プロットができました
生理痛に耐えながら、日々がんばって働く20代女子のお話です

あともう1本なんか考えます


漢方小説漢方小説
(2004/12)
中島 たい子

商品詳細を見る


小説・漫画
2010/01/06.Wed

才能って隠せない

おとといの日記に拍手ありがとうございます


「恋愛」「青春」など、ひとつのテーマのもといろんな作家が短編を書き
それを1冊の本にまとめる
いわゆるアンソロジー本をよく読みます

漫画のネタ収集のためですが
知らなかった作家を開拓することがよくあります

瀬尾まいこさんなんかはアンソロジー本がきっかけで
読むようになりました


『I LOVE YOU』という恋愛アンソロジー本を読んだときのことです

伊坂幸太郎、石田衣良などなど
名だたるビッグネームに混じって
「中田永一」という聞いたこともない作家の短編が入ってました
著者紹介を見ると「編集ライターなどを経て、今回初めて小説に挑戦」とのこと
どうやら名もないライターのようです

作品名
『百瀬、こっちを向いて』

タイトルがかわいい
読んでみる

うーん
これイイ
かなりイイ
止まんない!!

結局どの短編よりも素晴らしく、深く心に残りました


後日
「Love or Like」というアンソロジー本に
また中田永一の名前発見

作品名
『なみうちぎわ』

読んでみる

うまい!!
面白い!!
読むの止まんない!!


この人超イイ!
もっとこの人の小説読んでみたいー!


と思って
「中田永一」をネット検索してみる


びっくり…


乙一の覆面作家じゃないか
てうわさなんだ…


本当のところはわかりませんが


乙一大好きの自分としては
9割方、噂は本当のような気がしてます
中田永一と乙一
同一人物でいいと思います


それにしても

「名もなきライターの作品」と先入観なしに読ませても
やっぱり面白いと感じさせる


才能って隠せない


I love youI love you
(2005/07)
伊坂 幸太郎石田 衣良

商品詳細を見る



LOVE or LIKELOVE or LIKE
(2006/07)
石田 衣良中村 航

商品詳細を見る



百瀬、こっちを向いて。百瀬、こっちを向いて。
(2008/05/10)
中田 永一

商品詳細を見る





小説・漫画
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。